加齢臭対策にネオテクト

ネオテクト(医薬部外品デオドラントクリーム)
WS006303

『加齢臭対策法』

年齢だけではありませんが加齢臭は気になるところです。
男性ばかりが騒がれますが、女性だって同じなんです。ただ男性の方がちょっと強いだけなんです。
自分では気が付かないうちに匂っていることがあります。
他人に指摘されてからだと恥ずかしくて仕方ありませんね、だから今のうちに対策をしておかないといけません。
そこでイヤなニオイを消臭して、毎日を気にしないように、加齢臭対策を考えていきましょう

1.『加齢臭が起こる原因』

加齢臭は、皮脂腺の“パルミトオレイン酸”が増加するからです。
パルミトオレイン酸は、40代を過ぎたころからることで発生しやすくなると言われています。
ちなみに、このパルミトオレイン酸、男性だけでなく女性も発生するので、女だからと言って、加齢臭と無縁だと思ったら大間違い!
ケアを怠ると、女性も男性のように加齢臭が目立つようになりますので、十分注意しましょう。

もちろん、男性のほうが加齢臭が出る可能性は高いので、日頃から清潔を心掛け、加齢臭のない身体作りを行っていきましょう。

ちなみに、早い人で20代から加齢臭が出ると言われています。
若いからと言って安心はできないということを頭に入れておいて下さいね。

2.『生活習慣で加齢臭を防ぐ方法~運動~』

では早速、加齢臭を防ぐ方法を、いくつかに分けて紹介したいと思います。

まず最初に紹介する予防法は、「運動」です。
運動すると汗をかきますから、余計にニオイが気になるのでは?
と思われがちですが、運動不足で鈍った身体こそ、加齢臭が出やすくなってしまいます。
また、運動をすることで酸化防止に繋がり、ニオイの元をシャットアウトできるようになります。
ですから、加齢臭を消したいという方は、不規則な生活をやめ、適度な運動をすることが大切になります。

ちなみに、“適度な運動”なので、決して激しい運動をする必要はありません。
ひと駅分歩いたり、休日、近場をウォーキングしたり、それだけでも十分OK!
慣れない中激しい運動をしても続かないだけですから、自分の身体に合った方法で運動するようにしましょう。
特に女性の方は、ウォーキング、おすすめですよ。

ネオテクト(医薬部外品デオドラントクリーム)
WS006299

3.『生活習慣で加齢臭を防ぐ方法~ストレス解消~』

次に紹介する予防法は、「ストレス解消」です。
ストレスを溜め込むと、過酸化脂質を増やし、ニオイの原因となる物質が発生しやすくなります。
ですから、こまめにストレスを発散して、内側に溜め込まないことが大切。
その為には、自分に合ったストレス発散法を見つけると良いでしょう。

例えば、運動することでストレスが発散するのであれば、歩いたり走ったり、スポーツをすると効果的。
同じ運動でも、リラックスして行いたいのであれば、エクササイズやヨガ、簡単にできるストレッチなんかも良いですね。

他にも、音楽を聴いたり、カラオケに行って大声で歌ったり。
そうやって、内側に溜まったストレスを外に吐き出すことで、ストレスを溜め込まずに過ごすことができます。

あなたには、自分なりのストレス発散法はありますか?
もしないのであれば、いろんなことに挑戦して、自分にあったストレス発散法を見つけましょう。

4.『食事で加齢臭を防ぐ方法~抗酸化食品~』

では次に、食事で加齢臭を防ぐ方法を紹介したいと思います。
食事は体内に入れるものですから、体臭の原因には十分なりそうですよね。

まず最初におすすめする加齢臭予防食品は、「抗酸化食品」です。
抗酸化食品とは、所謂ビタミンCやビタミンEを多く含む食品のことで、代表的なものは、

■ビタミンC
・ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草 他
・レモン、キウイ、柿、夏ミカン 他

■ビタミンE
・モロヘイヤ、かぼちゃ、さつまいも 他
・アボカド、ブルーベリー 他
・ピーナッツ 他

ただビタミンCは熱に弱く、非常に溶けやすい栄養素と言われています。
ですから、他の栄養素といっしょに合わせて摂ることで、効果を維持することができます。
食事でなかなか補うことができない人は、サプリメントを摂っても良いでしょう。

もちろん、ただビタミンCやEを摂るのではなく、他の食材といっしょにバランス良く摂ることが大事です。

ネオテクト(医薬部外品デオドラントクリーム)
WS006300

5.『食事で加齢臭を防ぐ方法~食物繊維~』

次に効果的な食べ物は、「食物繊維」です。
食物繊維も、有名な栄養素の1つですね。
大腸の働きを良くする効果があるので、便秘の人などにおすすめの成分です。
もちろん、“加齢臭”にも十分効果がありますよ。

というのも、大腸をすっきりさせることで、大腸に溜まっていた便の細菌が、外へ排出されるからです。
この菌の中には悪玉菌と呼ばれる身体に非常に悪い菌も含まれているので、便秘になると、ニオイの元となり、加齢臭を発生させてしまいます。

でも、食物繊維って、言葉はよく聞くけれど、どんな食品に多く含んでいるか、いまいちよく分からないですよね。
そこで以下にて、食物繊維を多く含んでいる食品を、簡単に紹介したいと思います。
ぜひ参考にして、積極的に食物繊維を摂取しましょう。

・穀物
玄米、そば
・海藻類
のり、わかめ、昆布、寒天
・芋類
さつま芋、里芋、じゃがいも
・豆類
大豆、おから、納豆、ピーナッツ
・果物類
すもも、バナナ、梨、りんご

6.『加齢臭に良くないもの①』

逆に、加齢臭に良くないものは何でしょうか?
加齢臭に良いものを摂取するのも良いですが、良くないものを避けることも大事です。

そこでここでは、加齢臭に良くないものを、いくつかに分けて簡単に紹介したいと思います。
ぜひ参考にして、なるべく良くないものは摂取しないようにしましょう。

まず最初に紹介する良くないものは、「お酒」と「煙草」です。
この2つは、過剰摂取することで身体にも良くないので、控えるのは賢明。
どちらも活性酸素を増やす原因になりますから、今はまだ加齢臭とは無縁という人も、今から気をつけることで、加齢臭で悩まされずに済みます。

ただ、アルコールは、たまになら飲んでもOK。
でも煙草は量を減らそうが身体に良いものではありませんから、これを機に禁煙するようにしましょう。
ヘビースモーカーで簡単に禁煙できないという人は、禁煙外来を受けても良いかもしれませんね。

ネオテクト(医薬部外品デオドラントクリーム)
WS006301

7.『加齢臭に良くないもの②』

次に良くないものは、「動物性脂肪」です。
動物性脂肪とは、分かりやすく言うと、たんぱく質や脂質、乳製品のに含まれている成分ですね。
この動物性脂肪を過剰摂取すると、身体に脂肪がつき、体臭がきつくなるだけでなく、成人病など病気の原因にもなります。
ベジタリアンの人に体臭がきつい人がいないのも、動物性脂肪を摂取していないからです。
もちろん、加齢臭や体臭を引き起こす原因は、動物性脂肪だけではありませんが、原因の1つになることは確かなので、ニオイを発生させない為にも、また健康を維持する為にも、過剰摂取は避けるようにしましょう。

ちなみに、動物性脂肪を多く摂取すると、心臓病や大腸がんなどの病気に繋がるとも言われています。
もし毎日のように動物性脂肪を摂っているのであれば、今日から控え、バランスの良い食生活に変えるようにしましょう。

8.『加齢臭に良くないもの③』

次に加齢臭に良くないものと言えば、「ストレス」です。
「確かに」と納得している人もいるのではないでしょうか?
ストレスは、過酸化脂質を増やす原因となり、また脂肪酸と結びついてノネナールの生成に繋がってしまいます。
このノネナールが生成されると、体臭が発生し、清潔にしていても“ニオう身体”になってしまう恐れがあります。

では、どうしたらストレスによる過酸化脂質の増加を減らすことができるのでしょうか?
それはズバリ、ストレスを発散させることです。

世の中にはいろんなストレス発散法がありますね。
例えば、外に出かけて運動をしたり、自宅でエクササイズをしたり…。
もちろん、体を動かす以外にも、ゆっくりお風呂に浸かったり、アロマを焚いた部屋で好きな音楽や映画を鑑賞するのも、ストレス発散に繋がります。
人によってストレス発散の仕方は違いますから、自分に合った方法を見つけ、上手にストレスを発散させていきましょう。

ネオテクト(医薬部外品デオドラントクリーム)
WS006302

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする