中性脂肪にイマークS

中性脂肪とメタボの関係

メタボリックシンドロームは内臓脂肪が増えてしまう状態です。

内臓脂肪の蓄積とは、中性脂肪の蓄積によりお腹の中で脂肪細胞が大きくなる事です。

中性脂肪は食事で摂取して摂り過ぎた糖質や脂質によって肝臓で作られています。

アルコールの飲みすぎも中性脂肪を増やす大きな原因となっています。

身体の構造や作用により中性脂肪値が上昇すると血糖値の上昇に繋がりかねません。

このように、中性脂肪はメタボリックシンドロームと深い関係にあり、

別の病気の原因になる大きな要因となります、そのため中性脂肪を減らすことは大事なことです。

年齢とともに太る原因

最近。カロリーの摂りすぎになっていませんか?
また、運動不足でカロリーの消費が少なくありませんか?

肥満は、「摂取エネルギー」>「消費エネルギー」という状態が続けば肥満になってしまいます。

食べても食べても太らない人がいますが、それは健康だからというよりも体質かもともと代謝が良いからかもしれません。
反対に水を飲んでいるだけでも太ってしまう人のいます。

カロリーを消費するためには、運動が一番ですが、ただじっとしていてもカロリーは減っていきます。生きている限り呼吸をしたり、体温を保ったり、心臓を動かしたりしていることで最低限のエネルギーを消費しています。これが基礎代謝です。

若いころから同じようにしていても、老化が始まると、若いころと同じようにはエネルギーを消費しません。この原因は老化現象により筋肉の低下があるためです。筋肉が低下すると基礎代謝が低下します。基礎代謝は年を重ねるに従い低下し、40代を超えてから急激に減っていくそうです。

今までと同じ等に食べていれば、摂取エネルギーは変わらないのに、消費エネルギーが減っていくという悪循環になってしまい太っていくわけです。

◆中性脂肪を減らす理由◆

1.中性脂肪の数値が上がると善玉コレステロールが減り、動脈硬化の原因になる。

2.動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなる。

3.対策:血中中性脂肪を低下させる作用のあるEPA、DHAを摂取すると良い。

4.EPA、DHAを毎日の食事だけで補うことは難しい。

5.そこで、イマークS!ただし、中性脂肪値を下げるためには食生活の乱れも直す必要がある。
イマークS
WS004587

◆中性脂肪を下げるには◆

中性脂肪を下げるにはあくまでメインは運動と食生活の改善です。

中性脂肪を減らす運動

マラソンウォーキング持続すること、誰でもしやすい有酸素運動の代表です。

毎日適度に身体を動かすこと

中性脂肪を減らすには、適度な量の運動を毎日続けることが大切です。

思いついた時だけ運動しても、期待するだけの効果を得ることはできません。

運動療法の基本は、無理なく続けることです。

あまり激しくない有酸素運動を行なう

有酸素運動とは、酸素を使い体内の糖質・脂質をエネルギー源として消費する、筋肉への負担が軽い運動のことです。

身体の中の余分な糖質や脂質を消費するので、中性脂肪の減少に直結します。

理想的な運動量は、毎日20分程度の有酸素運動とされています。

毎日行なうことがどうしてもできない方は、最低でも1週間に3日は行うようにしましょう。

糖質制限

今話題のトレーニングジムでも採用されている「糖質制限」
糖質制限とは簡単に言うと【炭水化物】や【砂糖】を抜く事です。

意外な食べ物がOKですね、これならばちょっと注意するだけで出来そうです。

NG食材
主食 ごはん・パン・うどん・そば・パスタ・粉物・はるさめなど
野菜 じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・くり
にんじん・ごぼう・たまねぎ
果物全般
調味料 砂糖・小麦粉・はちみつ・みりん・ソース・ドレッシング・ケチャップ
OK食材
肉・乳製品 牛肉・豚肉・鶏肉・ラム肉など
たまご・チーズ
魚介類全般
豆類 豆腐・納豆・枝豆・厚揚げ・油揚げ
野菜類 葉野菜(レタス・キャベツ・小松菜・ほうれん草)
ブロッコリー・カリフラワー・アスパラ・貝割れ大根
キノコ類・海藻類
アボカド・ゆず・レモン・いちご
調味料 塩・しょうゆ・油・お酢・だし
マヨネーズ

食事方法

中性脂肪を上げない食事スタイルを意識することが大切です。

①ゆっくりよく噛む
②食事は毎日決まった時間に
③食事は腹八分目まで

ゆっくり噛んで食事をすることで血糖値の上昇が緩やかになり、
中性脂肪も上がりにくくなります。

中性脂肪を下げる食材を取り入れる

中性脂肪を下げるには、まずは食事内容を見直し肉や揚げ物の量を減らし、

食事方法に気を遣うことが大事です。

「中性脂肪値が下がる食べ物」があれば、
もっと簡単に中性脂肪が下がるハズ。

その食材とは…
サバやイワシなどの青魚。

青魚に含まれているDHA&EPAは
血中中性脂肪値を下げる効果が期待できるのです。

しかし、毎日の実践が難しい人には

中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

青魚に含まれるサラサラ成分であるEPAとDHAが手軽に摂取できるドリンクタイプのイマークS

血中中性脂肪に作用するトクホ(特定保健食品)のイマークSがおすすめ

お試しセット10日分が1000円(税別)+送料無料は試してみる価値ありです。
イマークS
WS004586

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする