スポンサーリンク

ウエストを細くする方法

WS003571

腹式呼吸で美ボディをゲット

「呼吸」の仕方を変えるだけで、ダイエット効果が表れてくることはご存知ですか?

人間の呼吸の仕方は、

普段、寝ている時にしている呼吸は「腹式呼吸」であり、

起きている時に何げなくしている呼吸は「胸式呼吸」になります

簡単に言えば胸で呼吸するか、お腹で呼吸するか…の違いです。

何も考えずに深呼吸をしてみてください。鼻でゆっくり息を吸い、ゆっくり吐き出してみましょう。

息を吸った時には胸が大きく膨らみ、お腹がぐっと引っ込みませんか?

息を吐いた時には胸がしぼみ、お腹がポヨンと膨らみませんでしたか?

これが胸でする「胸式呼吸」です。

では、深呼吸してみましょう。

まずはお腹に力を入れて、お腹が膨らむよう意識しながらゆっくり鼻から息を吸ってみてください。

息を吐くときには膨らましたお腹をしぼませるようにイメージをしながら吐き出してみましょう。

これがお腹で呼吸をする「腹式呼吸」です。

意識して腹式呼吸での生活をするよう心掛けていけば、

自然と大胸筋が鍛えられていきますので、基礎代謝が上がります。

何もしないでも体の中でカロリー消費をしてくれるようになるので痩せやすい身体になれるのです!

普段の呼吸方法を少しだけ意識して切り替えていくことだけで、

脂肪の燃やしやすい身体へと作り変えていけるのですから、

仕事中や授業中、電車の中や家事の合間など、

とにかく思いついた時に深呼吸するような形で腹式呼吸を取り入れていくことからスタートしてみましょう。

くびれゲット!腹筋運動

体質改善をするための生活改善では、色々なダイエット方法がありますが、

手っ取り早く効果を得たい方には「腹筋運動」をお勧めします。

“腹筋”に対してきついイメージがある方は、間違った腹筋方法をしてしまったのかもしれません。

腹筋は決して“楽な運動”ではありませんが、継続できないくらいに過酷な運動ではありません。

食事制限やジョギングなどは、長い目で見ても1番有効かつ確実なダイエット方法ですが、

より短縮して綺麗な身体になっるためには、腹筋運動が効果的です。

ただ、足を軽く曲げて腹筋する、その方法では腹筋はきついだけになってしまいます。

苦痛の少ない腹筋のポイントはたった1つです。下半身にも力を分散させることです。

誰か足を抑えてくれる人がいるならば手伝ってもらいましょう。

タンスや机のわずかな隙間に足を入れてもいいですね。

これだけでも随分と腹筋がしやすくなりますよ。

腹筋運動でお腹の筋肉を鍛えると、便秘解消に効果があるとも言われています。

お腹の筋肉が発達すると代謝機能がアップし、

特に集中的にするお腹周りの脂肪燃焼作用が期待できるそうですが、

1番の腹筋効果は見た目的にサイズがダウンすることでしょう。

人間の体は、お腹がくびれると一気にスタイル良く見えるので、

手っ取り早く綺麗な身体のラインが手に入れられるというわけです!

腹筋とは、継続してお腹から太ももの筋肉に適度な負荷をかけ続けることが大切です。

わずかな意識と、小さな運動で、1か月後の自分の体型を見てみましょう。

きっと満足感を感じることができると思います。継続していけば、

体重計のメモリが減るよりも早く、ズボンのサイズが減っていくでしょう!

トレーニング

腹筋トレーニング

1.マットなどを敷いた床に仰向けに寝転がる

2.両手は自然に床に伸ばす

3.脚を床と水平に伸ばして、ゆっくりと上げる

4.脚を60度くらい持ち上げたところで1~2秒静止後、元の位置に戻す

5.1セット15~20回が目安

腰で上げると腰を痛めたりしますのでお尻で上げましょう。
詳細は腹筋トレーニング

簡単トレーニング

筋肉を収縮させることにより、ウエストのシェイブアップになります。

1.イスに浅く腰掛け、 足を浮かせながら広げます。

2.両手も左右に広げます。

3.上を向いて、 息をしっかりはきながら、「パンツー」(ワン・ツーでも可)と声を出します

これを1日3回・30秒ずつしてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク