スポンサーリンク

排尿・失禁のトラブル改善

WS003565

排尿・失禁のトラブル

排尿の異常には、尿失禁だけでなく、頻尿、おしっこが出づらい、

残尿感がある、いつもおしっこがしたいような違和感、蓄尿時や排尿時の痛み、

など、さまざまな症状があります。

男性と女性では尿道の構造や長さの違いがあり、同じ原因ではありません。

一般的に、

女性の場合

尿もれの原因で、いちばん多いのは

「骨盤底筋」のゆるみが原因となって起こりやすく、

腹圧がかかり尿もれや、トイレまで我慢がきかない尿もれが起こりやすくなります。

20代、30代でも「くしゃみをしたら」尿漏れをしてしまう、

「トイレに間に合わなくて」尿漏れをしてしまう女性はと多いようです。

さらに出産を経験した女性の40%もが、同様の悩みを経験していると言われています。

男性の場合

50歳以上のシニア男性のうち、軽失禁を経験した人は、3人に1人に上り、

女性の比率と変わらないという調査もあります。

加齢により前立腺が肥大化することがあり。

前立腺が肥大化すると尿道を圧迫し、尿が出にくくなります。

男性の場合、尿道がたるんで、折れ曲がった尿道のところに尿が残り、

排尿後に無意識に垂れたりすることもあります。

頻尿対策

尿もれの原因で、女性の場合いちばん多いのは「骨盤底筋」のゆるみでした。

構造的には、男性も同じで骨盤底筋があるので、骨盤底筋を鍛えるのは有効となります。

女性用に紹介されていた運動なので「ちつトレーニング」や「セクシーストレッチ」

と言われています。

この骨盤底筋トレーニングを行うことによって、

腹圧性尿失禁にも過活動膀胱にも効果的です。

二~三ヶ月続けていくうちに尿もれの80%が改善されるそうです。

骨盤底筋トレーニング

①姿勢を正します。

背筋を伸ばし肩を一旦引き揚げ後ろに落とし、あごを軽くひきます。

頭のてっぺんを糸でつられているイメージで。

②息を吸いながらギュッと膣と肛門を締めます。

おしっこを我慢するイメージで、内股をしめ、おへそとお尻の穴もしめます。

男性は自分の肛門を、女性は自分の膣と肛門を締めます.

③そのまま5秒間息を止めます。

④ゆっくり息を吐きながらゆるめます。

これを5~10回続けます。自然と身体も温まります。

骨盤底筋トレーニング補足

お腹やお尻の筋肉、足の内股の筋肉が動いたことを感じた人がいると思います。

周囲の筋肉が動いてしまう人は、自分がうまく動かしているつもりでも、

実際にはうまく骨盤底筋を動かせていないのです。

まずおならが出そうになった時に、出さないように我慢してみてください。

その時に、収縮させている筋肉が骨盤底筋群なのです

毎日の動作の中に体操を入れていくこともできます。

肛門を締めだけの運動なら、お布団の中や、お風呂でも、

また、電車の中や、バス停でバスを待っている時など、

外出時でも、いつでもやる気さえあれば、できますね。

その他のメリット

骨盤底筋をトレーニングすると「尿漏れ」や「頻尿」の防止・改善になるだけでなく

、カラダへ良い影響を与えることができます。

1.姿勢が良くなる

骨盤底筋を鍛えることで姿勢を保持する筋肉が働きやすくなります。

これにより、安定感のあるキレイな姿勢を維持できるようになります。

姿勢が良くなることで、カラダの痛みや怪我の予防をすることもできます。

腰痛持ちだった方の腰痛が減ったという嬉しいご報告も。

骨盤底筋を引き締めて美姿勢をつくりましょう。

2.便秘解消

骨盤底筋は便の排出に大きな役割を持っています。

骨盤底筋を動かすことで、排出を助け、便秘の改善につながります。

骨盤底筋トレーニングをした後すぐにトイレに行きたくなる方が多くいます。

3.ウエストラインの引き締め

骨盤底筋が正常に働けば、骨盤は安定し、

ウエストラインの筋肉が働きやすくなります。

ウエストラインを安定させることで、ウエストを引き締めることができ、

さらにヒップアップの効果もあると言われています。

骨盤底筋を鍛えてウエストを引き締めましょう。

4.臓器の働きを良くする

骨盤底筋の働きが正常でないと、

内臓などが下に落ち気味になるなどして働きが低下します。

骨盤底筋を鍛えることで臓器の位置を正しい位置へ戻すことができ、

その結果、臓器の働きを良くします

 


寝ている時、トイレの回数が多い方へ!!
長時間の外出はちょっとという方へ!!

男性の方へ

スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

WS003565