スポンサーリンク

生活習慣病の予防と対策

WS003528

生活習慣病を予防

基本的な生活習慣とはなにか、毎日の食事の仕方、

必要な水分の摂取の仕方、喫煙の喫煙の習慣が有るか無いか

お酒は飲むか飲まないか、仕事等でストレスがどれだけあるかなどのことです。

 

日本人の死亡原因の多くが、脳卒中や心筋梗塞などですががんの割合も多くなっています。

その多く生活習慣病が多くの割合を占めています。

生活習慣病により動脈硬化が進んで、

循環器系の病気等やその他の合併症になるおそれがあります。

生活習慣病になると病気の危険と隣り合わせになるとともに、

薬付けになる可能性も出てきます。そのようにならないために、

生活習慣病の予防が大事ななります。

生活習慣病の予防対策として、

毎日の不摂生をただし健全に生活することが推進されます。

 

「1次予防」健康を増進し病気の発症自体を予防する

病気にならために毎日の健康を維持する
 

「2次予防」病気を早期に発見・治療する

定期的な健診を受けて早期発見し軽い症状のうちに病気等を治す

 
「3次予防」治療により進行を防ぎ回復を目指す

病気になってしまったら早めに回復するために努力する気持ちを持つ

があります。

生活習慣病とは

偏食、運動不足、喫煙、ストレスなど生活習慣により

高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満になってしまう病気です。

ひとつでも恐ろしい病気ですが二つ以上の併発や

ほかの病気も併発するリスクが大きくなり命にかかわる危険が増します。

 

生活習慣(病)による全死亡リスクは次のようにされています

1. 喫煙 : 1.92倍
2. 糖尿病 : 1.64倍
3. 高血圧 : 1.55倍
4. メタボリック症候群 : 1.36倍
5. 高コレステロール血症 : 1.10倍 

 

食生活は がん発生原因の30%に関わっているとする報告では

生活習慣病の推定有病者数(平成14年)
高血圧症約3,100万人
高脂血症約3,000万人
糖尿病 約740万人

生活習慣病を知る

高血圧とは

血圧が高い状態が続き、血管に負担がかかり傷みやすくなります。

そして動脈硬化につながります。

動脈硬化により血液が流れにくくなると、心臓に大きな負担がかかります

心筋梗塞や脳卒中を起こす原因となります。

 

脂質異常症とは

血液中のコレステロール値が高くなると、

コレステロールが血管の内側にどんどん 溜まっていき

、動脈硬化が進行していきます。

心筋梗塞や脳卒中などのさまざまな病気をひき起こします。

脂質異常症にはほとんど自覚症状がありませんから要注意です。

 

糖尿病とは

血液中の糖分が異常に高くなる糖尿病。

すい臓から分泌されるインスリンが血糖をコントロールしているのですが、

量が少なかったりすると血糖異常となります。

自覚症状はほとんどないため、放ったままにしていると、

血管がもろくなり、動脈硬化が進行。

全身のさまざまな臓器に障害が起こる危険があります。

 

肥満・メタボリックシンドロームとは

肥満には、2つのタイプがあります。

皮膚のすぐ下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」

内臓のまわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」。

内臓にたまった脂肪が、

高血圧や脂質異常症などの病気をひきこすと考えられているのです。

ウエスト径が男性で85cm以上、女性で90cm以上であれば、

内臓脂肪型肥満を疑ってみてください。

メタボを効果的に減らす

 
「一無」では禁煙、
 
「二少」では食事量や飲酒を少なめの腹8分にし、
 
「三多」では

激しい運動でなくてもウォーキングや軽い筋トレなどで身体をできるだけ動かし(多動)、

休養をとり、個人差があるにしても睡眠を十分にとり(多休)、

多くの人や物と接し生活を創造的にする(多接)

7つの健康習慣

喫煙をしない

飲酒は一度に4杯以下

激しいスポーツや水泳、長距離歩行などを頻繁にする

男性は標準体重のプラス20%未満から5%不足までの範囲、女性はプラス10%未満

7~8時間の睡眠をとる

ほとんど毎日朝食を摂る

間食は一度かまったくとらない

スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

WS003528