スポンサーリンク

カーシェアリングのメリット/デメリット

WS003524

レンタカーとカーシェア

まだ一般的になっていませんが「カーシェアリング」が全国的にも進んでいます。レンタカーより手軽に利用できるのが魅力です。東京や大阪、名古屋の都心部で自動車を使う頻度が少ないなら購入するよりも安上がりで、環境にも優しいシステムです。

大都市に住んでいると、駐車場代だけでも数万するところも珍しくありません、ましてや土日くらいしか利用していないと無駄に感じられることがあります。都市部について言えば必要な時に必要な車があれば十分なので「カーシェアリング」はオススメな方法です。

カーシェアリングの利用法はとても簡単で、自動車を使いたくなったらスマホなどで予約し、専用駐車場に駐車してある自動車に乗るだけです。

レンタカーは、レンタル期間は最短でも3時間程度の場合が多く、長ければ数日になります。返却時にはガソリンの満タン返し一般的です

カーシェアリングは、無人のステーションに空いている車があれば予約し、手軽に自動車を借りることができます。レンタル期間は最短15分程度から、最長で24時間程度。返却は元の場所に駐車するだけく、ガソリンを補給する必要もありません。

カーシェアリングは会員登録が必要ですが、登録も簡単にできます、カード決済にすれば、いつでもどこでも思い立った時に最寄りのステーションから簡単に手軽に借りて旅行やキャンプ、引越しなどに気軽に利用できるます。

カーシェアリングのメリット

「カーシェアリング」の最大のメリットは、安上がりであること。自動車を購入し維持するためには、自動車税、車検費用、任意保険、ガソリン代、駐車場代などがかかります。費用を比較すればどちらが安いかわかります

月額の基本料が1,000~2,000円程度、15分ごとの利用料金が200~300円程度です。

ちなみに、毎日3時間、1か月900時間、利用しても約3時間*30日*300円=27000円しかかかりません、もちろんガソリン代込ですよ、通勤に自動車を使っていない人なら、これで十分という人はかなり多いのではないでしょうか。自動車持っていれば車両費用と税金やガソリン、車検等の維持費はどのぐらいになるのでしょうか?比較すれば、さらにカーシェアリングの経済性がよくわかると思います。

カーシェアリングに導入されるモデルはコンパクトカーが多いのですが、気分を変えて、今日はこちらの車、今日は大きな車と気軽に選べることができます。

カーシェアリングのデメリット

近所に複数のステーションがあれば、予約がなくても使える車両を見つけることは簡単にできますが。そのような場所は利用する人が多い都心部に限られます

都心部では駐車場を確保しにく理由からカーシェアリングの方が便利ですが、郊外ではステーションがあまりなく、住んでいる場所から離れているというデメリットがあります

また、使いたい時に空きがない、ということが起こる可能性があり、計画的に利用すればいいのですが。自動車を乗りたい時に乗るという理由であれば自家用車の方が便利です。

田舎に行けばいくほど自転車代わりに使う自動車も増えていますが、使い方次第でカーシェアリングを利用すればいいのです

やはり歩いて行ける場所にステーションがなければカーシェアリングを利用することはできません。かなり近いところにないと使う気がしないでしょう。

おすすめのカーシェアリングと利用口コミ

現在のカーシェアリングは大都市集中型と主要都市展開型とに分けられると思います
首都圏中心の【カレコ】三井のリパークでカーシェアリング
首都圏約650ヶ所

一部の県を除いて主要都市展開型の話題のカーシェアリングが「タイムズカープラス」
全国約7,000ヶ所

関東・東海・近畿のオリックスカーシェア
全国約1,300ヶ所

利用者の口コミ
WS003523

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク