スポンサーリンク

関節痛(関節炎)の原因

WS000241

関節痛(関節炎)の原因

関節に、こわばりや腫れ、痛みがあったら、関節に炎症が起きている可能性があります。
関節痛(関節炎)の原因には

変形性関節症と関節リウマチ
過度の運動による関節障害

湿布薬などでは根本的な治療にはなりません、一時的には痛みが軽くなったと思っても、
しばらくしてから症状を悪化させる原因となります。

関節にこわばりや腫れ、痛みを感じたら、早めに病院で診察しましょう。

関節痛に北国の恵みで軟骨成分を吸収しひざをらくに480円モニター
飲んで効く日本薬師堂のグルコンEX錠プラス お試し10日分1,980円

変形性関節症って何

関節が痛くなる原因は、老化や加齢による変形性関節症が一番多いんです。
関節は、軟骨がクッションとなってスムーズに動くようにできています。
その軟骨が、欠けたりすり減ったりして、炎症を起こします。

ひざは、立っているだけで全体重の支えています。
座ったり立ち上がったりするときには、ひざに大きな力が加わり、負担が加わる事により、
ひざ痛を起こす人が多くなります。

変形性関節症の痛みには、一次的に湿布薬などを貼ると治りますが。
関節の軟骨は欠けたり、すり減ったりしているので、症状は知らないうちに悪化していきます。
立ったり座ったり歩いたりと痛むようになります。

痛くて歩かなくなると筋肉が衰え、症状も進行し悪循環になりやすいです。

関節が痛くなったり違和感をおぼえたら、早めに病院で診てもらいましょう。

変形性関節症になりやすい人

変形性関節症は、老化、加齢が主な要因なので、次のような人は注意しましょう。

肥満気味の人
肥満になるとひざにかかる負担も大きくなります。

運動不足の人
肩やひじ、ひざなどの関節が固くなり、筋肉も衰えて関節への負担が増えます。

変形性関節症のポイント

1.関節に負担をかけない生活
2.運動で関節を柔軟にする

関節に負担をかけない生活とは

肥満気味の人は体重を減らす
肩や腰、ひじ、ひざなどを冷やさない
同じ姿勢を続けない(ときどきからだを動かし、リラックスさせる)
外出時にはクッション性のよい靴をはく
正しい歩き方(ひざを伸ばしかかとから着地し、つま先で後ろへ蹴る)をする
O脚の人は、靴のインソールなどで補正する
足元に不安がある場合は、ステッキを使う

トレーニング

ストレッチ運動をする

1.首を前後左右に曲げ、首筋を伸ばす、
2.両手を前に伸ばして組み、腕全体を伸ばしながら上方向や左右に交互に引っ張る、
3.足を前後に開き、前傾姿勢で後ろ足のひざ裏や腱を伸ばす。

関節リウマチとは

自己の免疫は、細菌などの侵入を防ぐ大切な機能ですが、
過剰に働くと私たち自身のからだの一部を攻撃してしまうことがあります。
その異常が関節に起こる症状が関節リウマチです。

進行すると痛みや腫れがひどくなり、指が変形するなどして日常生活に支障をきたします。

関節リウマチを理解する

関節リウマチの患者は、女性が7~8割を占めています。
女性ホルモンが関係していると考えられています。30~50代の働き盛りに多くみられます。
症状には、次のような特徴があります。

原因不明の微熱や倦怠感(だるさ)が続く
初期には手や足の指にこわばりや腫れ、痛みを感じる人が多い
体重が減少することもある

スポーツ時の関節

ハードなスポーツでなくても、ウォーキング、ジョギングなどを行うときにも注意です。
中高年になると関節の軟骨がすり減っているので、
若いころと同じような動きをするとすぐに関節痛になってしまいます。

もっとも多いのはひざです。いきなり走ったり跳んだりすると、
ひざに過度の負担がかかり、軟骨が割れたり、じん帯の断裂を起こすことも少なくありません。

また、足首のねんざやひじの脱臼なども、関節痛の原因となります。
それほどひどい症状でなくても、つい夢中になってやり過ぎ、
関節痛を起こす人も少なくありません。ジムなどでトレーナーの指導を受けている場合でも、
ひざやひじの状態は把握しづらいので、自分でも注意しておく必要があります。

関節に違和感をおぼえたら、炎症や痛みを抑えるために数日は休みましょう

スポーツ時の関節障害予防

ストレッチなどの準備運動をきちんとする
ひざに負担がかかりにくいクッション性のよい靴をはく
最初はゆっくりからだを動かし、徐々にペースを上げていく
張り切り過ぎない(翌日に疲れが残らない程度に)
スポーツの後は軽い体操などでクールダウンする



440万本突破!関節痛に飲んで効く日本薬師堂のグルコンEX錠プラス!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク