スポンサーリンク

ホワイトニング

WS003511

ホワイトニングとは

ホワイトニングジェルを用いて、 エナメル質や象牙質の着色を取り除き、
天然の歯の白さや明るさを増進させる方法です。

歯の白さや明るさを増進させる様々な方法を総称したものです。

中でも薬剤を使って歯の中に含まれている色素を分解し漂白する歯医者さんでの「ブリーチング」を指して、
ホワイトニングと呼ぶことが一般的です。

歯を白くしようとして荒い研磨剤の入った歯磨き粉などを使うと一時的にはきれいになりますが、
歯の表面に傷がつくためすぐに着色しやすくなります。

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使うのが一番安全で確実

ホワイトニング歯磨き粉を使用しているのに

「ホワイトニングの歯磨き粉を使用しているのに歯が白くなった気がしない」とありますが、
真っ白になる事よりも、自然な白さになる事が大事です。

歯磨きはホワイトニングの5種類の方法のうち、1番簡単なクリーニングに近い行為です。

表面の汚れを落とし本来の色に戻すのが目的ですので、
それでも気になる場合は「ブリーチング」を考えてみてはいかがでしょうか?

まだ治療するには抵抗があるという方は
自宅で簡単にできる歯の薬用ホワイトニング美容ジェル【レディホワイト】
男性/女性ともOKです

歯を白くする為の裏ワザ

バナナの皮の内側で磨くとよいとも言われています。

バナナの皮の内側をしっかりこすりつけ、バナナの白い部分が全て歯に貼りついたら、
そのまま唇を閉じずに10分待ちます。

これを1日1回、2週間続けるとステインやプラークなどの汚れや綺麗に落ちて、
白い歯を手に入れることが出来ます。

レモン果汁やお酢などで歯を磨くと一時的に歯を白くすることができます。
しかしこれは歯の表面を酸によって凸凹にし、
光の乱反射によって白く見えるだけで(脱灰といいます)、
すぐに元に戻ってしまうばかりでなく、
何度も繰り返すとエナメル質が薄くなってきてしまいますので、絶対に止めてください。

ホワイトニングをした方にも、歯を白く保つためにお勧めの方法です。

歯の表面に着色がある場合研磨剤の粗い歯磨きや歯の消しゴムなどを使うことによって歯を白くすることができます。

重曹(ベーキングソーダ)で歯を磨くと、歯の表面の着色を落とすことができます

ベーキングソーダと水混ぜたペーストを歯ブラシにつけいつも通り歯磨き。
その後水ですすぐ。(歯磨き粉を使ったいつもの歯磨きをした後に行って下さい。)

美白歯磨きなどで歯を磨きます。最近ではポリリン酸やピロリン酸など、化学的に色素を分解して除去します

知覚過敏用の歯磨きには、研磨剤が少なく、歯の表面をつるつるにする効果があります。

日常の歯磨きは研磨剤の入っていない製品でエナメル質を全く傷つけない
ノンペーストブラッシングか、液体歯磨がおすすめ

歯のホワイトニングの種類

歯のホワイトニング方法は様々なものがあり、大きく5種類に分類できます。

クリーニング
歯の表面についている歯石や茶渋を取り、歯本来の色に戻す方法です。

ブリーチング
歯の漂白。薬剤を使って歯の中に含まれている色素を分解していきます。
歯本来の色が気になる場合はこの方法がお勧めです。

マニキュア
歯の表面に白い色を塗って本来の色を見えなくする方法。
歯に厚みがでたり噛み合せによっては割れやすいため、
一時的なものとして使用することがお勧めされます。

ダイレクトボンディング
歯の表面にプラスチックの材料を貼り付けていく方法。
色を選べるが、元々他の歯より小さかったり(矮小歯)歯の列より後ろに下がっている歯など、
同じお口の中でもできるも歯は限られます。

補綴(ほてつ)
削って人工の物で覆う方法。好みの色に変えることができますが、
歯を削らなければならなかったり、
その後の変色のないものを選ぶと自費のものになり高額になることが多いです。

ブリーチング(歯の漂白)について

「歯の漂白方法」は大きく分けて3種類あります。

オフィスホワイトニング
医院などで歯の表面に薬剤を塗り光やレーザーを当てる方法です。

ホームホワイトニング
マウスピースを作成し、薬剤を中に入れ自宅で行う方法です。

インターナルブリーチ
神経のない歯に対して行う方法です。

全体的に歯本来の色が気になっている場合はオフィスホワイトニングやホームホワイトニングがおすすめ

お金がかかりそう、費用が高そう

ホワイトニングは保険外の美容的なケアだということで
費用が高いイメージを持っている方が多いのかもしれません。

実際にホワイトニングにかかる費用は、
ホワイトニングの種類や、使用する薬剤、医院によって大きく異なります。

オフィスホワイトニングの場合で、1回の施術につき数千円程のものから6〜7万円のものなど様々です。

ご自身の希望やライフスタイルにあったものをよく調べてみることをおすすめいたします。

最近では1歯500円のコストパフォーマンス治療もありますね

歯を白くする食べ物

イチゴ・タマネギ・セロリ・ニンジン・オレンジ・リンゴ・チーズ・牛乳・ヨーグルト・ナッツ類…など

歯を汚してしまう食べ物

コーヒー・ワイン・カレー・お茶・ソース・スポーツドリンク・炭酸飲料・ベリー系のフルーツ・飴・ガム・アイスクリーム…など

気にしすぎて食べたり飲んだりしないなんて事の無いように
1.飲み物(温かいもの以外)の場合は、ストローを使って飲む
2.口の中にできるだけ長く入れておかない
3.食後すぐに歯を磨くか、口をゆすぐ
これだけで汚れを付着することを防ぎますので安心してください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク