スポンサーリンク

綺麗な女性になる方法

WS003502

綺麗な女性になる方法

ちょいブスだからと言って心までブスになってはいけません
世の中にはあれくらいの子が?なんであんな素敵なイケメン彼氏がいるのとか、
なんであんなにちょいブスなのにみんなに慕われているの
と思えるような人が沢山います。

どんなに美人でも、心ブスの人に男性は友達以上の感情は持ちません。

貴女だってちょっと化粧やしぐさを変えるだけでモテ女になることができます。
一番悪いのは自分はちょいブスだから人に好かれないのだとか、
コンプレックスを気にしすぎて必要以上に暗くなったりすることはマイナスになるだけです。

容姿は整形で変えることはできます、そして綺麗になると自信が付きます、自信がつくとモテるようになります。
しかし整形をしない人でも自信をもってイキイキとしている人が多い事に気が付きましょう。
気にしすぎて、自分をさらにブスの世界に引き込んでいることに気が付きましょう。

ちょっとぐらいブスでも、きっと清らかな心の持ち主だと気付いてくれる人がいます。
内気にならないで本当の自分をさらけ出していきましょう。

大事なことは、表面だけを綺麗にするだけではなく、内面からでる輝く表情が大切です。

女子力診断:出来ることからやってみよう

爪を綺麗にしてみる
綺麗な手になろう
ツヤのある髪の毛になろう
化粧を変えてみよう
眉毛は顔に合っていますか
まつ毛は必要以上に長くありませんか
髪型は顔の大きさに合っていますか
唇はカサカサではないですよね
可愛いぽっちゃりは良いですが、太りすぎは注意
そばかすがあるのは仕方ないですが肌のお手入れはきめ細かく
ムダ毛をなくしてツルスベな肌にしておきましょう
見えないところにセルライトとかないですよね
猫背なんか最低です、姿勢よくしましょう
歩く姿をチェックしましょう
お国ことばは仕方ない事ですが丁寧な言葉づかいを心がける
もじもじしないで相手の目を見て話しましょう
たまにはつらい事もあるでしょうが笑顔をたやさずに
心の赴くままに行動することは控えましょう
愚痴は言わないこと
自分の責任は自分で持つ、部下の責任も自分で持つ
人の陰口や悪口は言わない
たくさん本を読むこと
同じ趣味の友人をたくさん作る
何でも話せる友人を10人作ること
リラックスできる趣味を持つこと
1日1回自分をほめましょう
出来ないことをそのままにしておかない
服装はそれなりに綺麗にさっぱりとしておく
靴はいつもきれいにしておこう
新しいものが1番じゃない古いものも使い方次第
人と同じことをするが良いとは限らない
素敵な人に容姿を近づけることはできても貴方は貴方
貴女の個性を引き出して自分を輝かせる
お金がなくても何とかなる、気持ちまで貧乏にならない
性格ブスになってはいけない
他人の悪口やあら探しはしない
人の批判をしない
自分の意見が正しいとは限らない
「でも」と「だって」と言わない
見返りを求めたりしない
マスカラの盛りすぎはダメ
見栄を張ってむかつくセリフをいわない
必要以上に意識して明るくならない
モテる女性の仕草を研究する
ネガティブにならない

後は自分を見つめて直すべき点をチェックしてみてください
今まで意識しなかったことを意識し変えていくことが大事です。

自信を持って生きていく人には、魅力的なオーラがあります
皆に好かれるような、そんな素敵な女性になって下さい。

異性にモテる方法 表情筋の鍛え方 笑顔美人になろう

表情筋トレーニング方法

1.唇を思いっきり突き出して「う」の形を作りましょう。
2.口を思いっきり横にひっぱり「い」の形を作りましょう。
3.再び1の口の形に戻します。
このエクササイズを10回行いましょう

・いつもニコニコ笑顔で明るく接する

・積極的に話しかけて明るい

・清潔感があり、常に前向きで辛い顔は見せない

顔が整っていなくても、表情がしっかりしているとそれだけで、魅力的に見えます。
芸能人並みの笑顔を手に入れましょうとは言いませんが
笑顔美人になりましょう!
また表情筋を鍛える事で、アンチエイジング(老け顔防止)にもなります。

自分磨きをしよう

オリエンタル・スタイルでは、安心の無料カウンセリングを行なっています。
まず体験コースをおすすめしているのには理由があります。
例えば痩身の場合、痩せ方や体質は千差万別。
経験豊富な当店のエステティシャンたちが、体験コースでお客様の体質を見極めた後、
お客様の体質にあったベストなコースをご案内しています。
痩身エステティックサロン【オリエンタル・スタイル】

美容整形を考えている方へ

あまりお勧めしませんが、考えている方はここから
目・二重整形、鼻整形、切らないプチ美容メニュー もありますので
こちらで相談してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク