スポンサーリンク

家族葬

0-30

家族葬のイメージ

家族や親しい友人を中心とした少人数でのお葬式の総称として用いられることが多いようです。
家族葬の範囲に対する認識もそれぞれのようです。
基本的に必要なことや式の流れは一般的な葬儀とほぼ同じですが、
少人数のため一人ひとりの想いが反映しやすいという特長があります。

家族葬で注意するポイント

家族葬に含む範囲としては故人のきょうだいは「家族」に含まれるのか?
どなたまでお知らせするのか? など話し合っておく必要があります。
家族葬の認識が人それぞれであることから、
「家族葬」でおこなうことを親戚や隣近所に伝え理解を得ておきます。
また、お知らせした場合や連絡をした場合には
香典や供花を受け取るか辞退するかも決めておくことが大事です。

家族葬であわてない為に

地元の友人知人の葬儀に参加したことはあってもどこの葬儀社かなんて知る由もありません
ましてや葬儀は何度も経験することではありませんので、連絡先なんてのもわからなくあわててしまいます。
大体の方が病院から紹介された葬儀会社に電話してお願いすることが多いようです。
一般的に病院紹介の葬儀会社は相場よりも料金が高いという話も出ていますので、
事前に複数の葬儀会社を比較検討することと、信頼できるかどうか確かめることが大事です。
できれば詳細な見積もりを取っておくことをお勧めします。

訃報を伝える範囲は様々ですので万一に際し連絡すべき方を事前にリストにしてまとめておくと良いでしょう。

葬儀社選びのポイント

複数の葬儀社に明細を記入した見積書を提出してもらう
「家族葬パック」といったパック料金の葬儀会社もありますが、安さの内容を見てみると
実際には「含まれていない費用」があったり、
サービスの品質に不備があったり希望と異なる内容だったりすることがありますので注意して確認することが大事です。
見積書にはすべての内容を含めて最大限の費用を出してあるもではないので、
後日発生する費用等を明確に説明をしてくれる葬祭会社であれば信頼できます。
そして必要な費用と必要でない費用を分けて手配することが費用を抑えるポイントです。
また「割引」という言葉も、はじめから高い料金で設定されていることもあるので注意が必要です。

家族葬こんな方におすすめ

親戚が少なく人付き合いの範囲も狭いため集まる人が少ない方
ゆったりとした時間の中で暖かく見送りたい方
周囲に気兼ねなく親しい人を中心としたお葬式にしたい方

おすすめ葬儀社 資料請求だけでもOK



スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

0-30