スポンサーリンク

カーリースのメリット、デメリット

WS003499

簡単にメリット、デメリットを分けると

カーリースは自分のものでは無く、車をリース会社から借りているということなので、
全てがカーリースに含まれているのですが、自己責任については自分持ちとなります。
当たり前ですが、事故の際には費用は自分持ちになるということです。

 
《カーリースのメリット》
・支払額が一定
・月々の支払いが軽減
・ローンと同予算ならワンランク上の車に乗れる
・ライフスタイルに合わせた車が選べる
・車に関する維持費はリース会社もちとなる
・メンテナンスに面倒がない
・車検などの手続きに面倒がない
・車が欲しいが手元に新車を買う大金が無い時
 

《カーリースのデメリット》
・自分の所有物にならない
・任意車両保険はリース代金には含まれてはいないため、自分で申込みが必要
・契約期間(支払い)が終了後、車は返却する。
・契約終了時に追徴金がある場合も
・改造やドレスアップはできない
(してもいいが?、返却する時には全部直してから返却する事と査定がかなり下がると思います)
 

ローンで新車購入かカーリースか どちらが得

 

何処のリース会社でも同じですが事故で車が壊れた場合です。

ぶつけたり、こすったりの小さな傷でさえカーリースでは借りものですからそのままにしておいてはいけません

そのまま返却するのであれば修理費用を請求されてもおかしくありません。

人から借りた車を壊したら、修理して返すのは当たり前のことですからね

はっきり言ってカーリースはローンで新車を買うよりは料金は高いと思います。

しかし、リースということなので、車両の持ち主はリース会社なので車両に関する経費はリース会社持ちになります。
契約する内容によって変わりますがフルセットで以下のようになります
 
・メンテナンス
・車検などの税金
・法廷点検
・メンテナンスの部品代
・タイヤ、タイヤ交換
・オイルやバッテリー
・工賃
 

などはリース会社持ちとなります。
また利用するリース会社により
 
・洗車特典
・ガソリン値引き
 
などがあるのでメリットの大きいところを選ぶのが賢い方法となります

車両本体に関するすべてはリース会社のプロがメンテナンスをしてくれるので安心で、楽です。

車検も手間が掛かりません。

オイル交換だけでもいつやったかとか忘れてしまいます

その点定期的なメンテナンスは車の寿命に大きく影響します。

カーリースでは契約が終了した後に買取も選べます。

買取

再リース

返却

が選べます、諸条件はリース会社により変わります。
 

カーリースのメリット

自動車だって必要なものは、必要な分だけあればいい。余計な費用も余計な手間もかけたくない。それがカーリースです。
 
車に乗るなら、購入よりカーリースが手間なくおススメな方法です。
利用は月々一定の料金を払うだけで車に乗れます。
面倒な車検やメンテナンス、管理や税金の支払いも含まれているから面倒なし、払い忘れもなし。
 
※任意保険・ロードサービスなどはオプションで付けることができる
 
乗る期間も自分で決められるから短い期間であればだリーズナブルに借りられますね。
たとえば、100万円の車で利用期間が1/2なら50万円で利用できるとかです。
また、期間が長ければ乗った期間だけの利用料金だけなんです。
 
カーリースにする3つのメリット
月々定額だから、お支払いが、らくらくスマートに。 かんたん定額とは?
車検も税金も保険を含んで、
 
お支払いをコミコミに。 コミコミ整備とは?
 
契約満了時まで、常に定額でクルマに乗れるカーリース。
車検やメンテなどでお支払いが増えることなく、安心してカーライフを楽しめます。

頭金のお支払いやボーナスの併用払いにより、月々のお支払をさらに抑えることも可能です。

※契約にメンテナンスを含まない場合は、メンテナンスに関する費用は自己負担となります。
 

コスモ スマート ビークル

「コスモ スマート ビークル」の「ゴールドパック」には、

税金・車検整備・消耗品交換など、お車に必要な費用が全て含まれており、

契約期間中安心してお車にお乗りできます。

なお、限定したメンテナンス内容を含むシルバーパック、

車両代金と自動車税のみを含んだホワイトパックもご用意しており、

お客様のスタイルに応じて選択頂けます。


WS003498




スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

WS003499