スポンサーリンク

五十肩を改善するための体操

WS003496

姿勢が悪いことから、肩が凝ったり、首が凝ったりします。また腰痛の原因となる事もあります。
長時間の悪い姿勢により肩こりが発生しますので、適当な運動を取り入れることが大事な事となります。
ほんの少し背伸びをしたり、腰のひねり運動をしたりすれば、すぐにリフレッシュできます。
ここで、簡単な運動を紹介しますので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか!

間違えていけない事は、肩こりや首こりだと思っていたことが、重大な病気につながる原因となる事もあるので、
おかしいなと思ったら、すぐに病院で見てもらいましょう。
特に首回りの痛みについては、医師に相談しましょう。

肩・首すじのこり、冷え、しびれにトコフェロンEナチュール
女性の肩こりのつらさから開放!肩こりOL、子育てママへ笑みの種で美ボディキープ


全国約3000店舗のマッサージ・リラクゼーションサロンのオンライン予約

五十肩を改善するための体操

ためしてガッテンで放送された五十肩を改善するための体操は

とても簡単なものですから、

誰でも、そしていつでも実施することができます。

 

その体操は『ひじまる体操』と呼ばれる体操です。

 

【ひじまる体操のやり方】

 

 まず最初に、自分の頭の後ろから肩付近の襟を掴んで下さい。

 

 この時の体勢は、肘が自然な形で上がった格好になりますが、

これはゼロポイントと言われる肩の筋肉がリラックスした

状態になっています。

 

 (2)の状態の維持したまま、肘ををぐるぐる回して下さい。

これが『ひじまる体操』なんですね。

 

 コツとしましては、最初は小さな円を描くようにして動かします。

そして徐々に大きな円を描くように動かして下さい。

 

 ひじまる体操は、右肘と左肘を交代で、

右回りと左回りをそれぞれ1分間ずつ行って下さい。

 

 片方ずつの体操が終わったら、両方の肘で行います。

右回りと左回り の両方で1分間ずつ実施して下さい。

 

 をそれぞれ行って、要する時間は3分間です。

<<NHK健康ホームページより>>
この体操を1セット実施すればOKなんですね。

ひじまる体操に慣れてきたら、徐々に回数を増やしても良いということです。

『ひじまる体操』であれば、自宅でも仕事場でも簡単にできます。

 

実際に評判となった体操ですから、

五十肩にお悩みの方で、

急性期を過ぎた方は実践されてみてはいかがでしょうか?

 

ただし、無理に体操をしたりしない、無理は禁物です。

 

無理に体操をすると、改善する効果どころか悪化する可能性もあります。

自分の体と相談しながら運動してください。

 

回さなくても、両手を持って背伸びをするだけでも気持ちのいいもんです。

簡単な運動で血流を良くすれば肩も軽くなりますね。

 

WS004445


トコフェロンEナチュール

女性の肩こりのつらさから開放!
・仕事による肩こりに悩むOL
・抱っこによる肩こりに悩む子育てママ へ

枕を変えてみるだけでも肩こり解消

マッサージやストレッチで一時的に肩こり解消しますが

本当は肩こりなんかしたくないものです。

日中はリラックスできないなら寝てる間に肩こりが解消できればいいですね。

一番簡単なのが「枕」か「マットレス」で首や体に負担のかからないものを使えばいいだけです。

こちらが参考になりそうなので気になる方はのぞいてみて下さい。

私の使っている肩こり解消「枕」ベスト3

スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

WS003496