スポンサーリンク

耳鳴り・めまいを改善

WS003493

耳鳴り・めまいを改善するために

耳鳴り・めまいを改善と言っても、それぞれ症状も違えば、対応も違ってきます。

人によって相性もあり、効果も違います。

直す方法というよりも軽減する方法を理解して行動する方が良いと思います。

また、サプリメントや漢方薬を利用するのもいい方法です。

貴方のできる方法で耳鳴り・めまいを改善をしてみて下さい。

耳鳴り・めまいの改善ができるよう応援いたします。

夜が眠れないなら耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】をお試しください。

耳鳴りの苦痛を和らげる

耳鳴りは完全に消すことはできませんが、

その苦痛を和らげることはできます。一番の方法は耳鳴りに意識を集中しないこと、

意識すると気になり、さらに意識するようになります、耳鳴りは悪い病気のサインではありません、

耳の神経が弱ったためにでている現象と考えましょう。

耳鳴りの治療では、耳鳴りがあっても苦痛や障害にならないようにすることを目標にすることが重要です。

年齢を重ねれば、老人性難聴で高音域の周波数が聞こえづらくなるほか、

特定の周波数のみで聴力が低下している症例もあります。

耳鳴りには心理的な問題が深く関与していることが多くあるということです。

また、音がない部屋などでは、脳が気を利かせて聞こえるように働きます。

聞きたくない音まで聞こえてくるのが「ノイズ」だったり「キーン」だったりするのです。

気にするなと言えば気になりますので、音楽などを聞いて意識しないようにすることが大事です。

耳鳴りにより不眠や不安を引き起こして病気になったり、

不眠や心理的なストレスが耳鳴りを悪化させることもあります。

意識すればするほど気になりますので

なるべく意識しないようにして生活することが大事です。

めまいを予防するためには

「めまい」とひとことでいっても、症状はさまざまです。

おおよその症状によって大きく分けると以下の3つのタイプになります。

◎症状

◇ 回転性めまい

グルグルと目が回るような感覚のめまい。自分が回っているように感じたり、

周囲が回っているように見えることもあります。

◇ 浮動性めまい

体がフワフワした感じでふらつくめまい。まっすぐ歩けなかったり、姿勢を保つのが難しくなったりします。

◇ 立ちくらみ

立ち上がる時にクラッときたり、目の前が暗くなったりするめまい。

◎原因

◆ 耳の異常が原因の場合

◆ 脳や神経の異常が原因の場合

◆ 血圧が急激に変動やストレスや不安など

めまいは生活のリズムがくずれたり、

過度な緊張が続いていたり、ストレスが強いときなどに起きることがあります。

めまいを予防するためにも、規則正しい生活を心がけましょう。

立ち上がる時や歩き出す時などは

ゆっくりと一歩を踏み出したり、何かにつかまってから体を動かしましょう。

症状がひどくなる前に

耳鳴り・めまいだけではなく頭痛も含め頭にかかわる症状は、そのままにしないようにしてください。

症状が軽いと病院に行くことが面倒になり、後でということになります。

早めに相談して原因を知り対応することが大事です。

サプリメントや漢方薬で症状が安定したという方もいますし、

悪くならない為の観点からも有効な方法です。

症状が重い場合、我慢できない場合は、病院で見てもらう事をおすすめします。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク