スポンサーリンク

顎関節症

WS004160

顎関節症とは

口を開こうとすると顎(あご)を動かす筋肉が痛んだり、大きく口を開けられない事です。
口の開け閉めで顎(あご)の関節に音がすることも顎関節症に含まれます。

1回や2回、顎(あご)の音が気になったことがあると思いますが、すぐに音がしなくなると忘れてしまいますね。
中には、口が開けにくくなり、痛みを生じたりしたらて病院に行ってみてもらう事をお勧めします。
そのままにしていても、そのうち治ってしまう場合もありますが、念の為病院に行くです。
病院等に行く人は女性が多く、統計では年齢は10歳代後半から20~30歳代で最大になるようです。
その後はだんだん減るようです。

顎関節症はどんな状態

最も多いのは「カクンカクン」という音が出る状態で関節内にあるクッションが前方にずれることで起きることです。

ずれがもっと大きくなり大きな口が開けられなくなる状態。

また口を開けたり食品をかもうとするときに痛みが出ること。

口を開けようとする時、頬やこめかみの筋肉が痛むと状態。

関節円板とは

顎関節の内部には関節円板があり、これが軸(下顎頭)と軸受けとの間にあります。
下顎頭は開閉するときに前方に移動する、そのとき関節円板は一緒に移動して仮の軸受けとなります。
WS004159

WS004162

WS004163

WS004164

顎関節症の原因

かみ合わせの悪さというのが昔からの考えでしたが、
最近は関節や筋に負担のかかる要因によるということで大半で、そのタイミングが大きな負担となり、その人の持っている耐久力を超えるとカクンカクンとなったり痛みを生じたりするという考え方です。
この考え方は、一つの原因だけでなく、様々な原因が集まって生じるという考え方で、かみ合わせの悪いことも一つの要因として含まれています。

原因としての要因

さまざまな要因がありますが、考えられる要因をまとめてみました。
こんなことが原因だとは思えないことも、なんらかの形として影響しているんですね。
歯のかみしめをしすぎたりすれば、顎(あご)に負担をかけます。

1.顎関節や顎の筋肉の構造的弱さ
2.不良なかみ合わせ関係
3.精神的緊張の持続、不安な気持ちの持続、気分の落ち込み感覚の持続
4.かみちがい、打撲、転倒、交通外傷
5.歯列接触癖(TCH)、頬杖、受話器の肩ばさみ、
6.携帯電話やスマホの 長時間操作、下顎を前方に突き出す癖、爪かみ、筆記具かみ、うつぶせ読書
7.硬固物咀嚼、ガムかみ、片側でのかみ癖
8.はぎしり、睡眠不足、高い枕や固い枕の使用、就寝時の姿勢(うつぶせ寝)、手 枕や腕枕
9.コンタクトスポーツ、球技スポーツ、ウインタースポーツ、スキューバダイビング
10.楽器演奏(特に吹奏楽器)、歌唱(声楽、カラオケ)、発声練習(演劇等)
11.緊張が持続する仕事、コンピューター作業、精密作業、重量物運搬、人間関係での緊張

顎関節症の治療

スプリント(マウスピース)
開口訓練
マッサージや湿布
習慣や癖を修正する行動療法

自ら行う家庭療法

多少の痛み(少し痛いかなとかちょっと違和感があるかな等)なら問題ないですが、
口を動かさなくとも痛むときは要注意です。まずは痛みを和らげることが大事です。
あまり無理をしないように、口の開閉に気をつけましょう。
以下の対応をして様子を見て下さい。数日で痛みが和らいできて、口の開閉も改善してくることでしょう。
ただし、痛みが無くなったからと言って終わりではなく、日ごろのマッサージ等はしっかり続けていくことが大事なことです。

WS004157


顎関節症にお悩みの方は必見!刈谷式顎関節症改善術
WS004158

スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

WS004158