スポンサーリンク

中年太り/メタポ

WS004522

中年太り

年を取れば、老化現象も出てきます。若いからと言って老化現象は毎日進んでいるんです。
但し、その人の状態や条件で老化の進む時期も時間も変わってきます。

一般的に40代前後から運動不足で不摂生な食事などが原因だといわれてきましたが、それだけではなく白髪や老眼と同じように老化現象だったんです。

老化していくと、体の細胞や筋肉、内臓器官などが衰えてきます。若いころは水なしで薬を飲んでいたのに、年を取ってからは水なしで薬を飲めなくなってきたこと、これは喉の器官が老化してきたことにより飲み込む力が無くなってきたんですね。

全ての人に中年太りが当てはまるわけではありませんが、中年太りにならない為の運動や健康促進をすることが大事になります。
そうすれば、年のわりに肌にハリやツヤがでてきて見間違えるくらい若く見られることでしょう。
その為には、中年太りになる前に太らない為の体作りが大事です。

中年太りになってしまった人にはあきらめないで、運動と食事療法で健康を取り戻すとともにメタポ改善していきましょう。

 

メタポになると糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を起こしやすくなるので、太らないように意識していくことが大事です。
メタポ・肥満・食べ過ぎ・運動不足の人は、中性脂肪の数値が高い状態になるので、
動脈硬化に注意しなければいけません。
狭心症、心筋梗塞、脳卒中などにならないように中性脂肪を減らすことが大事です。
中性脂肪を下げるにはあくまでメインは運動と食生活の改善です。
毎日の実践が難しい人にはイマークSがおすすめです。

通常価格3000円がお試し1000円

中性脂肪とメタボの関係

メタボリックシンドロームは内臓脂肪が増えてしまう状態です。

内臓脂肪の蓄積とは、中性脂肪の蓄積によりお腹の中で脂肪細胞が大きくなる事です。

中性脂肪は食事で摂取して摂り過ぎた糖質や脂質によって肝臓で作られています。

アルコールの飲みすぎも中性脂肪を増やす大きな原因となっています。

身体の構造や作用により中性脂肪値が上昇すると血糖値の上昇に繋がりかねません。

このように、中性脂肪はメタボリックシンドロームと深い関係にあり、

別の病気の原因になる大きな要因となります、そのため中性脂肪を減らすことは大事なことです。

 

年齢とともに太る原因

最近。カロリーの摂りすぎになっていませんか?
また、運動不足でカロリーの消費が少なくありませんか?

肥満は、「摂取エネルギー」>「消費エネルギー」という状態が続けば肥満になってしまいます。

食べても食べても太らない人がいますが、それは健康だからというよりも体質かもともと代謝が良いからかもしれません。
反対に水を飲んでいるだけでも太ってしまう人のいます。

カロリーを消費するためには、運動が一番ですが、ただじっとしていてもカロリーは減っていきます。生きている限り呼吸をしたり、体温を保ったり、心臓を動かしたりしていることで最低限のエネルギーを消費しています。これが基礎代謝です。

若いころから同じようにしていても、老化が始まると、若いころと同じようにはエネルギーを消費しません。この原因は老化現象により筋肉の低下があるためです。筋肉が低下すると基礎代謝が低下します。基礎代謝は年を重ねるに従い低下し、40代を超えてから急激に減っていくそうです。

今までと同じ等に食べていれば、摂取エネルギーは変わらないのに、消費エネルギーが減っていくという悪循環になってしまい太っていくわけです。

 

「老化度」チェック

自分の体は老化が始まっているのか、チェックシートで調べてみましょう。

WS004055

5項目以上にチェックがついたら老化が始まっているかも?

老化による肥満防止

若いころから始まっていますが、老化の大きな原因は、「酸化」「糖化」「ホルモンの変化」だといわれています。

機能低下を招き、老化を加速させます。さまざまな生活習慣病、運動能力低下などに影響を与えます。
その為の対策もあるのでチェックしてみて下さい。

酸化を、食でストップ!

酸素を吸うたびに、老化や病気に大きく関係している「活性酸素」も発生します。この活性酸素をなくせばいいだけです。
しかし老化していくと活性酸素を消す酵素が少なくなってきますので、減った分を補い必要があります。

【抗酸化栄養素】

抗酸化栄養素
1.ベータカロテン
ニンジン、カボチャ、ほうれん草など
2.ビタミンC
レモン、ミカン、ブロッコリー、小松菜など
3.ビタミンE
アーモンド、ほうれん草、カボチャ、イワシなど
4.ポリフェノール
赤ワイン、ブルーベリー、ココア、緑茶、リンゴ、大豆など
5.フラボノイド
レタス、春菊、玉ねぎ、大豆、緑茶など

糖化を、ストップ!

「糖化」とは、タンパク質と糖が結びつき、糖化したタンパク質が体内に蓄積することです。
糖化したタンパク質は、体や肌の老化を早める原因となります。
とりすぎると糖尿病などの生活習慣病になりやすくなります。また太りすぎの原因となります。食べ方を変えるだけでも糖化を押さえることができます。

【抗糖化食事法】
1.食事は最低でも20分かける

2.糖質の多い食材を食べ過ぎない
穀類、白米、白パン、麺類、白砂糖など糖質はひかえましょう。
3.食事は6時間、時間をおく
就寝3時間前には夕食をおえるようにしましょう。

ホルモン変化をストップ!

ホルモンの主な作用は、免疫力の維持・強化、抗ストレスです。そのほかにも、筋肉や記憶などの大事な部分に対して機能の維持・改善などうをしてくれます。
特に軽い筋肉運度をしていれば、DHEAの分泌されて筋肉量も増え、基礎代謝もアップするので「メタポ」の予防改善になります。

【DHEAホルモンをアップする簡単筋トレ】

脚の筋トレ

◆ 脚の筋トレ

1) 背筋を伸ばして両腕を前に伸ばす。

2) 背筋を伸ばしたまま、ひざを曲げ1秒間。

3)ひざがつま先より前にでないように注意。もとの姿勢に戻す。

4) 1、2の動作を10回繰り返す。

腕の筋トレ

◆ 腕の筋トレ

1) ひざを床につけ、両腕を床に対して垂直に伸ばす。

2)両手は肩幅よりやや広めに開き、指先はやや内側に向ける。

3) ゆっくりひじをまげていき、直角になったら1秒間。元の姿勢に戻す。

4) 1、2を10回繰り返す。

お尻の筋トレ

◆ お尻の筋トレ

1) 椅子の背もたれにつかまりながら、3秒間で足を真後ろに上げていく。

2) かかとをいっぱいあげたところで1秒間。3秒かけて元に戻す。

3) 1、2を10回繰り返す。

 

メタポ・肥満・食べ過ぎ・運動不足の人は、中性脂肪の数値が高い状態になるので、
動脈硬化に注意しなければいけません。
狭心症、心筋梗塞、脳卒中などにならないように中性脂肪を減らすことが大事です。
中性脂肪を下げるにはあくまでメインは運動と食生活の改善です。
毎日の実践が難しい人にはイマークSがおすすめです。

通常価格3000円がお試し1000円


桑の葉・青汁でポッコリがスッキリ!
神仙桑抹茶ゴールド

スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

WS004522