スポンサーリンク

肉割れ(お尻や太もも、妊娠線など)

WS003654

肉割れの原因

お尻や太ももの肉割れ、ふくらはぎ、膝の裏、お腹周りなど、

体重増化や過度のトレーニングで皮膚に負荷をかけると

急激に皮膚が伸びてしまうことに耐えられなくなったことが原因となり

その変化に、皮膚がついていけず、皮膚がひび割れたような状態になります。

(真皮層のコラーゲンの断裂で起こる状態)

これが肉割れと言われます。そして血行が悪くなることにより、再生力が衰え、

肌に跡が残ってしまいます。

肉割れで悩んでいる方は、意外と多いんです。

妊娠やダイエットでも肉われを起こしてしまいます。

ダイエットでは急激に痩せて、そのスピードにお肉がついていけないときや、

逆に痩せていた人が食生活の乱れ等で急に太った場合に怒ったりします。

また、成長期にも成長とお肉のバランスが悪くなったときに肉われが起こります。

妊娠をすると、妊娠線ができます、

急激にお腹が大きくなることにより肉割れが起こります。

妊婦さん用に妊娠線治す(ケアする)クリーム 等も販売しています。

いきなり皮膚が伸びることにより、体の細胞が追いつかなくなるんです

どうして肉われを起こすか簡単に説明しましたが理解できましたでしょうか?

出来てしまったものはしょうがないで済ますことはできません

どの様に直すか考えていきましょう

肉割れを消す方法メリット、デメリット

塗り薬や、軟膏などを塗って治す

肉割れ解消クリームを使用しての保湿とマッサージ

肉割れが広がるのを防ぐ成分

肌の新陳代謝(生まれ変わり)を促進

自宅で根気よく肉割れケアを続ける

徐々に目立たなくなり、最終的には消えてなる

レーザー治療

美容整形外科でのレーザー治療を始めとした施術

早く肉割れを綺麗に治したいという方

レーザー治療に踏み切るのは勇気がいる

レーザー照射は皮膚に負担がかかる

5~6回の施術で15万~25万円程度

施術と施術には2週間程度の間隔を空ける

2ヶ月程度は覚悟

保険適応されません

皮下脂肪を分解し肉割れを薄く目立たなくしていく

できないように注意する

できてしまった肉割れを治すのは簡単ではありません。

保湿が関係する肉割れには。保湿をちゃんとしましょう。

また外からの対応で肌の乾燥しないようにすることと

内からの対応も考えてみてください

潤いを保つためにコラーゲンドリンクを飲んだり、

ビタミンCを取ることも予防効果があります。

コラーゲンは、サプリメントで手軽にとれますのでお試してみてください。

食品としては鳥の皮にはコラーゲンがたっぷり入ってますので、

鶏肉が大丈夫な人はそちらから取ってみましょう。

肉割れのケア用オイルと肉割れ用クリームでは保湿成分はどちらも含まれていますが、

クリームにはペプチドが含まれていることが多く、

このペプチドはコラーゲンの生成を役立てる成分で肉割れに向いています。

反対にオイルには含まれていないことが多いのです。

オイルよりクリームをおすすめします。

クリームでマッサージの方法

手のひらにクリームを出しクリームをこねて温めてから肉割れの部分にに塗り込んで下さい。

右から左へマッサージ、左から右へマッサージ。

上から下へマッサージ、下から上へマッサージ

と5回から10回程度交互にマッサージをしてみてください。

保湿をすることがとても重要で大切ですので

お風呂上がりは乾燥しますので保湿をすることがとても大切です

特に念入りに優しくクリームやオイルをつけましょう。


超、保湿マッサージクリーム、トラブル肌、セルライト肌、肉割れ肌、妊娠線の予防とケア
ミネラルボディクリーム


肌周期です。実感するのに2~3か月、効果を実感するには3~4か月はかかります。
焦らず、じっくり進めてください。
WS004738

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク