スポンサーリンク

脚痩せの基本

WS003618

ダイエットと脚痩せ

脚を細く綺麗に見せるには、お尻から太もも、ふくらはぎ、
足首、足まで綺麗にみせなければなりません。
しかし通常のダイエットをしたところで、
やせていくのはお腹や腕、そして大切な胸…。
肝心の太ももやお尻はそのまま変化がない、
ということはありませんか?
実はお尻、太もも、ふくらはぎ、足首、足などが
上半身と関係なく太くなってしまうのには理由があるんです。
脚が細くなるのは全く違うメカニズムなんです。

脚が太いといっても、

① ふくらはぎだけが異常に太い
② お尻から太ももにかけてボテッとお肉がついている
③ 脚全体がしまりなく、ぶよぶよしている
④ 逆にパンパンに張っている
⑤ 太もものうしろ側がセルライトに占領されている

あなたはどれに当てはまりますか?
こうなった原因は、生活習慣や体の脂肪や水分、
あるいはホルモンやリンパなどの様々な要因が複雑にからみあっています。

あなたの脚はどのタイプ

脚痩せを成功させるにはまず、あなたの脚の状態を正確に把握すること。
そして、あなたの下半身がなぜ太いのか、どの程度の問題なのか、
あなたの脚を太くしている原因をさぐっていけば、
細くするための方法が見えてきます。

(1)水分太り むくみ太り

下半身は重力の関係で、血液が溜まりやすくむくみやすいのです。
だから朝より夕方の方がふくらはぎは太くなってしまうのです。
他にも栄養不足で体が水分をためこんでパンパンになってしまったり、
脚をあまり動かさないデスクワークでは脚がだるくなるという方は多いと思います。

ムクミがムクミのままならまだマッサージやストレッチで比較的すぐに回復できますが、
慢性的になると脂肪がセルライト化し事態が深刻になってきます。
ムクミだけで脚が太くなってしまっている場合はすぐに解消してセルライト化を防ぎましょう。

(2)脂肪太り セルライト太り

前述したムクミから脚の脂肪がセルライト化し落ちにくくなってしまったり、
筋肉が少ない脚のために脂肪が代謝しにくくなっている場合や、
単純にカロリーオーバーで脂肪がついてしまったのが脂肪太りです。

食生活の改善や半身浴で代謝を良くしたり、
オイルマッサージなど脚のケアをすることがポイントです。
血行が良くなれば脂肪は燃焼してくれますから、
食生活の改善と下半身の血行を良くすることは平行して行ったほうがより効果がでます。

(3)筋肉太り

学生時代も含めて、部活動や長距離の通学、日常生活の癖により
筋肉が偏った発達をしたものが、硬く血行?良状態になったために
ムクミや脂肪を招いて見た目がガッチリとした頑固な太り方になってしまっているのが
この「筋肉太り」です。

現在進行形で体を鍛えていて筋肉質であるのとは違い、
硬くなってしまった筋肉は脂肪をエネルギーとして使うという作業もしにくくなり、
血行も悪くなるためどんどん脚のサイズが大きくなってしまいます。
ふくらはぎが極端に太かったり、太ももの前面がと膨らんでいるような太り方が特徴です。
日常生活でも無駄にドタドタと動いたり早足で歩いてしまっていたりするのも特徴です。

筋肉太りを解消するには運動を控え、筋肉をやわらかく正常な状態に戻すこと。
根本的に自分の生活を治さないとなかなか治りません。

(4)ゆがみ太り

O脚や骨盤の広がりによって筋肉が偏った付き方をしている状態です。
脚がゆがんでいると血行やリンパの流れも悪くなりムクミやすくなります。
日本人は床に座る生活のために骨盤が広がりやすく、
下半身に脂肪がつきやすい洋ナシ型の体型だといわれています(反対に欧米人はお腹中心に肉が付くリンゴ型)。

下半身太りの原因はこの「脚のゆがみ」が原因であることがほとんどです。
脚がまっすぐで、正しい姿勢、歩き方ができていれば脚が自然に太くなることはありません。
ですから、脚の歪みに関してはムクミやセルライトと併せてきちんと対処していかなければいけません。





エクササイズ

脚だけでなく、下半身に良いストレッチを紹介します。
簡単ですので、毎日続けるのが大事です。

下半身代謝ストレッチ

WS003615

脂肪燃焼エクササイズ

WS003616

ヒップ引き締めエクササイズ

WS003617






スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク