スポンサーリンク

「不眠症」や「睡眠障害」

WS003656
【目次】
睡眠障害
代表的な不眠の症状
睡眠障害対処方法
あなたの不眠のタイプを診断
バイノーラル・ビート 眠れない時に聞く音楽
 

睡眠障害

「不眠症」や「過眠症」不眠症はわかるけど過眠症って?

なんて思っている人も多い事でしょう。

睡眠障害は寝れないだけではありません、

今まさに不眠症で悩んでいる方は正しい知識を知り理解することにより睡眠障害の不安を克服していきましょう。

以前は朝までぐっすり眠れたのに、夜なかなか眠れなくなってしまった。

急に眠れなくなってしまうと不安を感じさらに眠れなくなったりしまます。

悪循環が悪循環を生み心身ともに疲れ切ってしまい、

最悪の場合ウツになる可能性もあります。

「最近よく眠れない」

「寝てるのにスッキリしない」

こんな感じになったら原因が何なのかを探り対応をすることが大事です。

睡眠障害の種類

代表的な睡眠障害

「不眠症」

「過眠症」

「概日リズム睡眠障害」

「睡眠呼吸障害」

「その他の睡眠障害」

「身体疾患や精神疾患に合併した不眠」

があります。

 

代表的な不眠の症状

30分以上経っても眠れない。

中途覚醒途中で目が覚めて、なかなか寝付けない。

早朝覚醒朝早く目が覚めてしまう。

熟眠感欠如ぐっすり眠った気がしない。

こんな事を感じたり、症状として出てきたら

一度、自己分析してみてください。

原因が分からないで悶々としたりイライラしたりしているとストレスをためこむ原因となり、

他の病気を誘引する可能性があります。

睡眠障害の主な原因

原因によって対処法も変わってきます。

ここでは睡眠障害を引き起こす主な原因をご紹介します。

 

1)心理的原因

ストレスに関連して起こる不眠。

2)身体的原因

身体の病気や症状が原因で起こる不眠。

3)精神医学的原因

精神や神経の病には、不安と抑うつです。

4)薬理学的原因

薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因

5)生理学的原因

時差ボケや生活リズムによる環境による不眠

 

睡眠障害対処方法

睡眠障害対処、睡眠障害を事前に防ぐための方法

一生懸命寝ようと努力すると逆効果です、気にしないで本を読んだり、

楽しい事を思い浮かべたりしてリラックスすることが大事です。

 

睡眠を長くとる必要はない、8時間にこだわらない

眠る前には自分なりのリラックスをする

就床前4時間のカフェイン、就床前1時間の喫煙は避ける

軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、筋弛緩トレーニングをする

無理に寝ない眠たくなってから床に就く

同じ時刻に毎日起床する

早起きをすれば早寝に通じる

光の利用でよい睡眠をとる

目が覚めたらカーテンを開け日光を取り入れ、体内時計をオンさせる

寝る前の照明は明るすぎないようにする

夜の食事はごく軽い物でよい、寝る3時間前には済ませておきたいところ

軽い運動習慣でも熟睡を促進します

昼寝をするなら、15時前の20~30分

睡眠中のイビキ・呼吸停止は要注意

睡眠薬代わりの寝酒は眠りが浅くなる

十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に相談

睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

マットレスを変えてみる

寝室を快適にする 

カフェインや喫煙はやめましょう

リラックスできる飲み物を飲む ホットミルクなど

就寝1時間前には水や他の飲み物は飲まないようにしましょう

アルコールは短く浅い睡眠を引き起こし睡眠の質を下げてしまいます

温かいお風呂に入る 温かいシャワーは体の緊張をほぐし

くつろげる服を着用

アイマスクを着け 光を完全に消し眠る

くつろげる効果音を出す

深呼吸をする 

1時間の昼寝より15分の昼寝の方が効果的です

 

あなたの不眠のタイプを診断

全28問の簡単なテストで、あなたの不眠のタイプを診断します。

あなたご自身の不眠がどのタイプに当てはまるのかをチェックしましょう。

 

1. 不眠症の疑い

以前よりも寝つくまでに時間がかかるようになった。

最近、いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間に何度も目が覚めることがある。

以前よりも早く目が覚めるようになり、その後寝つけない。

最近、睡眠時間は確保できているが、眠りが浅く十分眠った感じがしない。

よく眠れないため、気分が落ち込んだり、イライラする。

よく眠れないため、注意力や集中力、記憶力が低下し、仕事や勉強、家事など、日常の生活に支障をきたしている。

よく眠れないため、日中に眠くて仕方がない。

よく眠れないため、頭痛、肩こり、胃腸の痛みなど体の不調感がある。

よく眠れないため、また眠れないのではないか、など睡眠のことが気がかりで心配だ。

よく眠れないため、疲れやすく、やる気がでない。

2. 睡眠覚醒リズム障害の疑い

日勤と夜勤の交代勤務を続けてきたが、最近、夜勤後によく眠れない。

明け方まで眠くならず、いったん眠ると昼ごろまで目覚めない。

昼夜のメリハリがつかず、眠る時間が不規則だ。

夕方から眠くなり早くに眠ってしまうため、早朝には起きてしまう。

寝つく時間、起きる時間が毎日1?2時間ずつ遅れていく。

3. 過眠症の疑い

日中に強い眠気に襲われ居眠りをしてしまう。

就寝後まもなく、体を動かすことも声を上げて助けを求めることもできない、いわゆる「金縛り」によくあう。

笑ったり怒ったりすると、突然体の力が抜けてへたり込んでしまう。

眠気が起きるため、仕事や勉強、家事など、日常の生活に支障をきたすことがある。

会話中や食事中などでも、強い眠気に襲われ居眠りをしてしまうことがある。

4. その他の睡眠障害の疑い

眠ろうとして横になると、足がむずむずしてじっとしているのがつらく、寝つけない。

寝入りばなに足や手がぴくついて何度も目が覚め深く眠れない。

夢を見て大声で寝言を言い、手足をばたつかせたり体を激しく動かしたりすることがある。

5. 睡眠呼吸障害の疑い

睡眠中に呼吸が止まっていると指摘される。

長期間にわたって、ひどいいびきをかいている。

最近体重や体脂肪率が増えて、肥満傾向である。

朝起きたときに、口の中がカラカラに乾いている。

6. 身体疾患や精神疾患に合併した不眠

現在、下記のいずれかの身体的または精神的疾患を患っている。

頭痛、発熱、腰痛、関節痛、神経痛など

痒み:アトピー性皮膚炎、老人性皮膚疾患など

感染症

循環器疾患:心不全、高血圧など

血管性障害:脳血管障害など

消化器疾患:腹痛、下痢、悪心・嘔吐など逆流性食道炎、消化性潰瘍など

内分泌および代謝障害:肝・腎不全、糖尿病など

頻尿:前立腺肥大など

呼吸器疾患:肺炎、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息など

神経症、うつ病、総合失調症など

 

スイミンネット 参照

 

バイノーラル・ビート 眠れない時に聞く音楽

バイノーラル・ビートと言います、このバイノーラル・ビートとは、

左右の耳に周波数の異なる音を、左耳には「445Hz」右耳には「440Hz」、

「5Hz」の高さの異なる音を聞かせることにより、脳に音の「うねり」を与えます。

うねりの低周波信号がヒーリング効果を与えリラックス効果に導きます。

寝付けない時に、この音を聞いてストレスや神経の高ぶりを抑え眠りやすくなるという音楽です。

聞いてみると分かると思いますが、違和感が無いような有るような、

昔聞いたことの無いような有るような不思議な音楽が心地よい世界に連れて行ってもらえるような感じです。

ユーチューブ等に沢山アップされているので、眠れないときには一度試してみるのもよい方法です。

 


他になんかないの?という人にはこちらをお試しください。
朝までグッスリ眠れないなど悩む方へ

スポンサーリンク

商品一覧

商品詳細

WS003656